過払い金請求 デメリット

知っておきたい過払い金請求のデメリットとは

平成22年6月に貸金業法の改正によって、支払い過ぎてしまった利息を取り戻せることになりました。

 

これが影響で武富士をはじめとうする消費者金融が潰れていきました。

 

もし長期間お金を借りていて今、過払い金請求をしようと思ってももう間に合わないかと思っている人も

 

少なくありませんが、返還請求できる期間は10年あるのでまだ間に合います。

 

そして平成22年6月以降、過払い金請求をすることによって、借金が大幅に減額されるという人が続出しました。

 

中には返還された利息で残りの借金が相殺された上に、数十万円のお金が戻ってきた人もいます。

 

それなので、まだ過払い金請求を行っていない人は早めに行った方がいいかもしれませんね。

 

デメリットはあるの?

 

噂ではブラックリストに入ってしまって新たな借入が難しくなってしまうということです。

 

しかし、これは平成22年当初の話で、金融庁の見解によると、これは間違っていて本来払い過ぎた利息を取り戻しただけで、

 

それによって返済がされているのであればブラックリスト入りは不当ということになりました。

 

つまり、過払い金請求をした後でも債務整理をしていなければ、ブラックリストに入ることはありません。

 

その後も普通にクレジットカードを使ったりキャッシングをすることが出来ます。

 

 

もう一つのデメリットは自分で行うことが難しいということです。

 

過払い金請求するためには、消費者金融などの金融機関と交渉しなくてはいけないので、

 

なかなか素人の場合、思うように事が進まなく苦労が大きいというとこです。

 

よほど腰を据えて知識武装をして臨まないと思ったような結果は得られないということです。

 

ネット上では簡単に出来るように書いてありますが、実際にはそうはいきません。

 

それでは専門家に依頼するとどうなのかというと、スムーズに過払い金を取り戻してくれますが、依頼料がかかります。

 

一般的に着手金が2万円から5万円。

 

返還金額の15%から20%の成果報酬が必要です。

 

 

しかし、これらのデメリットを補って余りあるメリットもあります。

 

実際に数百万円の借金が大幅に減って毎月の返済が楽になった例も多いです。

 

お金の問題を解決することで、暗かった家庭も明るくなったり、夫婦仲が良くなったり、毎日希望を持って生きることが出来るようになります。

 

 

過払い金は金融機関が倒産してからではお金は返ってきません。

 

早めの行動をすることで確実に取り戻す必要があります。

 

ただ、過払い金対象に当てはまらない人もいるので、実際のところどうなのかは、無料相談で確認してみましょう。

 

匿名で出来る無料相談で、自分は本当に過払い金請求出来るのか、

 

どのくらいの金額が取り戻せるのか診断してもらいましょう。

 

 

おすすめの無料相談はこちらから↓↓

 

街角法律相談所

 

 

実名登録が一切必要ない無料相談が出来ます。全国の優秀な借金専門の法律相談所があなたの借金問題に対応してくれます。
相談方法は電話もしくはメールですることが可能です。自分の借金が債務整理でどれくらい減るのか分かります。

 

日本法規情報

 

 

土日祝日24時間受け付けの法律相談案内サイトです。債務整理、過払い請求金、多重債務などお金のトラブルに強い
法律相談所を案内しています。複数の法律事務所から自分に合った事務所を選べます。